長崎原爆投下数日前に疎開した9歳の少女法子さんの記憶

お父さんに執拗に強要されて、法子さんたち4人は、浦上地区を後に熊本へ疎開した。
その2週間後、ぼろぼろになった17歳の姉が長崎からやってきた。

そこで初めて、ふるさと長崎がとんでもないことになっているとわかった。
父の同僚によって遺体は見つかり荼毘に伏された。。

それから長崎からやってきた姉は、皆様ありがとうございましたと礼を述べ、静かに息を引き取った。

疎開した日、駅に見送ってくれた武子ちゃんは、
叔母さん、髪がぬくっとよ、
とごそっと抜ける髪を遺骨を引き取りに行った母に見せたという。
その後、お母さんが迎えに来たと言って亡くなった。

突然疎開を言い出した父は戦艦武蔵のスタッフだった。
そういう関係で何か情報があたのかもしれないと法子さんは思っています。

兄は志願して特攻隊に入った。
3度の特攻の機会を免れた。

戦後、その兄は、同僚たちの家族に会いに行き墓参りをし、
戦争をしてはいけないという思いで、自分の体験を公演していた。

疎開するまでは同じ境遇だった同級生たちは、ほとんど亡くなった。
その後にあったはずの9歳の少女たちに思いをはせる。

彼女は体験していないからと、口を閉ざしていたが、
生きている自分が亡くなってしまったみんなの代わりに語る義務があると最近思うようになった。

ぜひ皆さんも、法子さんの体験を共有してください。
あったはずの楽しい日々を奪われた9歳の子たちのことを
みんなに感謝して亡くなった17歳のお姉さんのこと、
ほか、
たくさん消えていく命。
戦争はみんなで防げることです。

何も悪いことをしていない人たちが、どうして爆弾に逃げまどわなければいけないのでしょうか?
どうか、戦争はしないでください。

タンポポの葉でお好み焼き

タンポポの葉をたくさん入れて、チヂミ風お好み焼きを作りました。
最近は、物価も高騰してきましたので、家計を助けるため、葉物野菜を購入しないで、
その辺の道端の草を食べるようにしています。
また、来るかもしれない食糧危機にも備えるべく、草を食べる練習をしていきたいと思います。
タダで、
とても栄養のあるものがたくさんあります。
皆様、これから私と一緒にどんどん 勉強していきましょう。

それから、木の芽の佃煮を作りましたが、芽が大きくなっているので、
少し筋を取るとか、切り刻むとかしたほうが食べやすいいです。
まだ大丈夫でしたが、新芽でない物は、草も含め、お湯で湯がいて、少し水にさらしてあく抜きしたほうが良いかもしれません。
食べてみてアクが強かったら、そうしてください。

桜の一日

桜が咲いたので、お花見をしました。
桜の花の塩漬けを作って、かるかん饅頭にのせました。
本当はじょうよ饅頭を作りたかったのですが、少し難しかった。
今度はまた挑戦します。
八重の桜の花は、洗って、塩をかけておきます。
それで重石をするか、ジップロックに入れて冷蔵庫に入れておいても良いです。
すごく簡単です。
あれば赤梅酢をかけると良いです。

かるかん饅頭は、
米粉100砂糖100gヤマトイモ100gに、
タマゴの卵白を一つよく攪拌して加えます。

それを油を塗った器に入れて蒸します。
すごく簡単ですけど、細かいところに、例えば卵白のあわだてかたとか、
芋の擦り具合とか。
では皆さま饅頭頑張って作ってください。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【広告】ウリウリばあちゃんの本・以下2冊絶賛発売中!
四季折々の八ヶ岳を楽しむ
69歳、しあわせを生み出す
自然な暮らし ナツメ社

https://amzn.to/4b1d3Ks

68歳つつましくも贅沢な暮らし
Amazonのリンク置きます。全国の書店で絶賛発売中です。
 https://amzn.to/3xozJl2

どうして八ヶ岳のひとというチャンネルを始めたかについて、

私がどうして新しいチャンネルを始めたかというお話をします。
八ヶ岳近辺の人たちにお話をお伺いするのですが、実は八ヶ岳に限らず、
私が行ける範囲のところなら出向いてお話を聞いていこうと思っています。
今公開されている動画はまだ一つですが、
お二人の方にお話を聞きました。
とても興味深いお話が聞けて私にもたくさん気づきがありました。

木工大好き高校生の撮影では、
名坂いつものビデオカメラのフォーカス設定がマニュアルになってしまっていまして、
ピントがぼけたまま撮影してしまいまして、ご覧の皆様に少しご迷惑をおかけしています。
このようなことのないように、
今後はもっと撮影スキルを向上させていきたいと思っています。
人にお話をお伺いする撮影は難しいですが、
なんとかお見苦しくないように やっていきます。

しかし、彼の取材では私もたくさんの気づきがありました。
次の長崎の爆心地近くの小学校に通っていた法子さんのお話も、とても考えさせられる内容でした。

ただ、たくさんお話ししていただいたので、編集に手間取っています。
これからも素敵な方々への取材を続けていきます。
どうぞよろしくお願いします。

「八ヶ岳のひと」https://www.youtube.com/@yatsugatake17

花粉症に

私が花粉症を緩和させている方法です。
即効性のあるものは、シソ茶と鼻の中に塗るひまし油です。
これをするとその日一日かなり花粉症が緩和されます。
シソ茶もひまし油も一日のうち時々足すほうが良いかもしれません。

一年中の対策として発酵食品をとることです、
私はヨーグルトをよく食べるようになって、かなり緩和されました。
今は味噌、納豆、ザワークラウト、酵素玄米などを食べています。
それから、低体温だということに気づいて、温活も開始しました。
まだ日にちはあまりたっていませんが、少しずつ改善されています。
しっかり治ったらこれも動画にします。

以上が皆様の花粉症改善に役に立てば幸いです。

シソ茶 https://amzn.to/4aBRoYc
ひまし油https://amzn.to/43N4IXy

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【広告】ウリウリばあちゃんの本・以下2冊絶賛発売中!
四季折々の八ヶ岳を楽しむ
69歳、しあわせを生み出す
自然な暮らし ナツメ社

https://amzn.to/4b1d3Ks

68歳つつましくも贅沢な暮らし
Amazonのリンク置きます。全国の書店で絶賛発売中です。
よろしくお願いしますm(_ _”m)  
  https://amzn.to/3xozJl2

森とともに生きると決めたスーパー高校生潤クンの明日への出発

八ヶ岳の人という新しいチャンネルを作りました

おもちゃ大好きだった少年は、壊れてしまえばそのおもちゃは使えなくなる、
ならば自分で作れれば、壊れても修理もできるし、
永久に壊れないおもちゃだと気づいた。
そこから脇田潤さんの手作り人生は始まった。

中1で原村朝市で木工作家と懇意になり。
シャープペンシル作りを教えてもらった。。
鉄砲大好きだった少年は百均の材料でピストルを作った。
鉄砲づくりの腕はどんどん上がって、3作目は本物のようになった。

このままいけば本物を鉄砲作ってしまうかもしれないと危惧した母によって、
鉄砲づくりはストップがかかった。
モノづくり大好き少年は、
ピストルではないものを考え、シャープペンやボールペンなどを作り始めた。

そんな中、色んなガラクタも捨てられれば本当のガラクタになるけど、
それをパーツごとに集め使ってあげればとても素敵なものが出来るとおもった。

使われた後のモノや植物や生き物たちえの愛が彼の作品に溢れているように思う。

こんな少年もいつしか成長し、今年の春から林業を学ぶ学校に進学する。
もっともっと森のことを知って、森を愛する人の成長を私は見守りたいと思う。

春へ

昔、とても寒がりのばあちゃんがストーブの側で一日中暮らしていました。
暖かい日が何日か続いて、偽物の春に騙された彼女は、薪を全部使い果たして、
ストーブが燃せなくなってしまいました。

仕方ないので、
雪がたくさん降っている中を薪割を始めました。
2日間薪割を続けました。
薪割が終わった2日後は雪が止んでお日様が出て、たくさんの雪をきらきら輝かせてくれました。

桜の花の上からは、雪の花が降り注ぎました。
お日様の陽も降り注ぎました。

こんなにキラキラ美しい雪の花が降り注いでくるのなら、
偽物の春に騙されるのも、悪くないかもと思いました。

めでたしめでたし。

四季折々の八ヶ岳を楽しむ69歳、しあわせを生み出す自然な暮らし(ナツメ社) https://amzn.to/42BVJaM

ゆず仕事

少し遅くなりましたが、いただいたゆずがあったので、
この冬最後の柚子仕事をしました。

まず種を日本酒につけて柚子化粧水を作りました。
この日本酒のアルコール度数は20度以上をお使いください。
20度以下のもので果実酒サンド作ると酒税法違反になります。
又、焼酎を使用されても良いですが、そのままつけるのは、
少しお肌に負担がかかるかもしれないので、
精製水や繭玉化粧水などと混ぜたほうが良いかもしれません。

それから、ゆずハチミツを作りました。
私は、種以外のゆずはすべて細かくして、ハチミツにつけます。
が、好みで薄皮は取り除いたほうが良いかもしれません。

ゆず大根
ゆずジャムなど
柚子を使ったお料理はたくさんあって、どれもおいしいので、
ぜひ皆様お試しください。

私はゆずハチミツと柚子化粧水すごく簡単にできるので、いつも作っています。

なお繭玉化粧水の作り方は、お水300ccくらいに繭玉を2個くらい入れて、
お湯が100ccくらいになるまで煮詰めて、使ています。
防腐で、ドクダミやローズマリーやゆずの種などの焼酎につけておいたチンキを
少し加えて使っています。
好みでグリセリンを少し入れても良いです。


ウリウリばあちゃんの本・絶賛発売中


四季折々の八ヶ岳を楽しむ
69歳、しあわせを生み出す
自然な暮らし
2/16日発売 ナツメ社
m(_ _”m)
https://amzn.to/4b1d3Ks

以下は一冊目の本です。
Amazonのリンク置きます。全国の書店で絶賛発売中です。
よろしくお願いしますm(_ _”m)  
  https://amzn.to/3xozJl2

夢の世界に生きる私のリアルな薪仕事、ADHD女子のどんくさい薪積み風景

冬のルーティーン、薪作りと、ADHD女子全開の薪積みの動画です。
薪作りをしながら、頭の中はいつものように、夢の中をさまよっている私の青臭い思いを
今回は書き出してみました。

とても青臭くて恥ずかしい脳内なので、ややこしい人は字幕は飛ばしてください。

それから、我ながら五ひどい薪積みだなあと呆れかえった
ADHD全開の薪積みになりました。
まあ、この程度だったら、もっと深刻なADHD症状の方もいるかもしれないので、
笑って見過ごしてやりましょう。

この動画をみて、あらためて我が行動を恥じ入るばかりですが、
次回から普通の人のように積めるかというと、どうなんでしょうか?

まあ、この程度だったら、もっと深刻なADHD症状の方もいるかもしれないので、
笑って見過ごしてやりましょう。

この薪積みは
14:18
のあたりから始まります。

まあそんないつもの冬の一日です。



2/16ウリウリばあちゃんの2冊目の本

四季折々の八ヶ岳を楽しむ69歳、しあわせを生み出す自然な暮らし(ナツメ社)
https://amzn.to/42BVJaM

68歳つつましくも贅沢な暮らし(大和出版)
https://amzn.to/3SSkEDW

両方ともよろしくお願いします。

山梨かかさんに教えてもらった手打ちほうとう

山梨の郷土料理のほうとうを小淵沢スパティオ体験工房でお料理やパンの講師をしている
しずか先生に教えてもらいました。

ほうとうレシピ     
材料2~3人分

ほうとうの麺        
強力粉  200g
薄力粉  200g
ぬるま湯 200~220ml

ほうとう
煮干し
味噌
豚バラ肉  150g
白菜    300g
大根
ジャガイモ
キノコ
かぼちゃ
長ネギ
油揚げ   1,2枚
青菜類

作り方

 ほうとうの生地を作る。
①ボウルに粉類を入れ、ぬるま湯の量の7分目ほど加えて混ぜ、
 全体が耳たぶくらいの方さになるまで湯を加える。
②取り出しても滑らかになるまで、ボウルの中でこねる。
 できたら、10分くらい、長く置ける方は2~3時間置く。
③打ち粉をしながら、麺棒で厚さ3~5ミリほどにのばす。
④多めに打ち粉をして、半分に切って、さらに打ち粉をして半分の長さに折って、
 05~1cmの幅に切り、くっつかないように軽く打ち粉をしておく。


 鍋に材料を入れる。
①豚バラは、白菜を切って、大根、人参、ジャガイモはいちょう切り、かぼちゃは
 5mmくらいに油揚げも適宜に切る。キノコ類は適宜に切る。

 鍋に水と煮干しを入れて煮立たせる。
 煮干しを取り出し(そのままでもよい)かぼちゃとねぎを除いた材料を入れ、
 材料が柔らかくなったら、味噌を加える(好みで味噌は半量加えて、残りは、
 仕上げに入れる)
③かぼちゃを加えて、柔らかくなったら、ほうとうの麺を入れて、好みの方さになったら、
 ねぎを入れる。