自作着物でお花見

家の前の桜が満開になったので、着物を着てお花見をしました。

市松の横絣に織った着物がグレーの濃淡で地味だったので、

コチニールで少しピンクっぽい紫に板締めしました着物が、

満開の桜にぴったりなので選びました。

お弁当は、いつものお米を炒って粉にした玄米粉をパンにしたものと、

牛肉を醤油の搾りかすと柿酢で炒めたもの、

ザワークラウトとほうれん草ゆでたものにクコの実をあえたもの

シイタケのバター焼きと卵焼き、

お昼から少しお酒もいただき、とっても幸せなお花見になりました。

次の日は、なんと雪が降ってしまいまして、満開の桜をたくさんの白い雪が覆いつくしました。

雪に覆われた満開の桜も、とっても素敵でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする