Baron(チェアー)のシートに墨染め・オカムラ椅子バロン

オカムラのバロン (Baron) チェアのシートが汚れたので、墨染めしてみました。
松煙に豆乳の薄めたものや、柿渋などまぜて塗るとよいと思います。
ドライヤー乾燥後、2度塗りのち、
バインダーで仕上げると完璧です。(こちらもドライヤー乾燥がおすすめ)

熱を加えると堅牢度が増しますので、ぜひドライヤー乾燥は行ってください。

できれば、最初に豆乳の薄め液を塗って、ドライヤー乾燥のちに、すると丁寧です。

今回使用したのは、↓です。
バロン (Baron) チェア 【エクストラハイバック】 可動ヘッドレスト ポリッシュフレーム 可動肘 座メッシュ https://amzn.to/2LTECMq

ヘッドはなくてよいと思っていたのですが、今回、背もたれが稼働するということがわかりました。
背もたれを倒すと、ヘッドがあったほうが断然楽です。

松煙は↓で購入できます。

水とけ松煙 漆喰、モルタル用着色剤 400gが珪藻土・漆喰ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

赤っぽくしたい場合は、弁柄
Amazon.co.jp: ベンガラ 弁柄 : ホビー

柿渋
Amazon.co.jp: ターナー色彩 無臭柿渋 500ml ES500W22 : DIY・工具・ガーデン

心配な方は、仕上げにバインダーをつかってもいかも
https://amzn.to/2li7u5H

私は最初、柿渋単品でやろうと思ったのですが、ググると、
墨と弁柄に柿渋加えて、壁板などに塗るそうです。
なので、
柿渋があれば加えるのも良いと思います。
次回、なるべく早く、
柿渋を足して二回目をやります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする